マムシ

すっぽんの妖怪伝説

日本では、すっぽんも妖怪視とされた事があります。
それは、キツネやタヌキと言った動物と同じと言われています。
すっぽんは、土地で妖怪と見られていました。

人間の子供を誘拐したりします。
また、人間の血を吸われたりしています。
その他には、噛まれると離さないと喩えられた事があります。

すっぽんは、大変執念深い生き物と言われています。
そのため、すっぽんを食べ過ぎると幽霊になって祟ると言われていました。
そして、江戸時代のすぽっん屋の夫婦が寝床で無数のすっぽんの幽霊に苦しめられると話があると言われてきました。

その他にも名古屋ですっぽんを食べていると霊にとりつかれてしまい足や手がすっぽんの形になるという話もあります。
このようにすっぽんにも妖怪伝説があります。
その発祥はわかりません。

そして、本当にそういった事が本当にあったのかはわかりません。
その時代の人にしかわからない話になります。
でも、こういった話があるということは何らかの形で何かがあるのだと思います。

または、何かの原因でこういった話が出回るようになったのかもしれません。
今は、そんなことはあまり気にしないと思います。
このようにすっぽんにも妖怪伝説があるということがわかりました。

このページの先頭へ