マムシ

天然と養殖のすっぽんの違い

天然と養殖のすっぽんは、どんなところが違うのでしょうか。
それは、養殖には時間がかかることがあります。
そのため、成育にかなり時間がかかります。

そして、今は主に養殖のすっぽんがほとんど出回っています。
天然のすっぽんが少なくなって、貴重なものとなっています。
その違いは、まず年齢にあります。

その年齢は、養殖だと1年から3年ですぐに出荷されることが多いと言われています。
天然のすっぽんだと最低でも5年が必要だと言われています。
その他の違いは、体質にあります。

天然のすっぽんは、自分で餌を探していかなければなりません。
そのため、運動量が多くなります。
そのため、肉質が鍛えることができます。

養殖では、天然のすっぽんとは違います。
それは、養殖だと自分から餌を探さずに済みます。
そのため、養殖のすっぽんは肉質があまり鍛えることができません。

その他には、見た目が違います。
その見た目は、天然のすっぽんだと茶褐色や黄色や緑色が強くなっていますが養殖のすっぽんだとその色が薄くなっています。
養殖と天然のすっぽんでは、味にはあまり違いがありませんが見た目や身の締まり具合が違います。
このように天然と養殖には。
このように違いがあります。

このページの先頭へ