マムシ

すっぽんにも種類があった

すっぽんには、多くの種類があります。
それは、生息地から付けられた名前があります。
例えば、ガンジススッポンやニホンスッポンがあります。
他にもハバヒロスッポンやアムールスッポン、丸スッポンは、日本に生息している種類で有名です。

では、すっぽんはどこに生息しているのでしょうか?
河川や湖沼に生息している事が多いとよく聞きます。
ですが、現在では天然のすっぽんが生息していることが少ないと言われています。

天然はごく少ないですが、本州の南部や四国、九州に生息しています。
海外では、東南アジアやアフリカに多く生息しています。

すっぽんを料理として使われているのは、日本だけでなくアメリカでもよく使われています。
アメリカでもスッポン料理の専門店があり、今世界中で注目されています。

すっぽんは、昔から姿は変わっておらず100年の寿命を生きています。
それは今地球の環境が変わってきていますが、すっぽんはそれでも関係なく100年以上の寿命があります。
そして、すっぽんを食べることで美容と健康にいい食べ物と言われ続けています。
このようにいろんな種類があって日本にも生息していることがわかったと思います。
天然のすっぽんは希少価値が高いため、なかなか料理屋さんで食べることが出来ず、多くは養殖されているすっぽんになります。
養殖されているものでもお値段が高いためなかなか食べられないと言われていますが、もし食べる機会がありましたら是非すっぽんのコラーゲンをたっぷりと摂ってください。
食べるとしばらくの間お肌がプルプルに若返りますよ。

このページの先頭へ