マムシ

すっぽんの歴史

すっぽんは約3000年前から中国で普及し始めました。
中国では、一般庶民で食べることはできません。
そして、誰が食べていたのかというと主に王宮クラスの人たちが食べていました。

そして、中医学や漢方学では精力の増強の効果が得られるため、中国の医学書にもいろいろと取り上げられています。
すっぽんの部位ごとの効果や効能についていろいろと書かれています。

すっぽんは、昔から病気の治療として使われていたことがわかると思います。
そして、すっぽんは中国から伝わってきたと言われています。
日本に伝わったのは、奈良時代に伝わり最初は、天武天皇が始めて食べてと言われています。

それ以降日本の医学書にも多くの書物が残されてきています。
フランス料理にもすっぽんのコンソメスープがあります。
すっぽんの効能は、日本だけでなく世界で注目されていることがわかると思います。

そして、すっぽんには病気の治療の他にも美容にもすっぽんの効果があります。
美容の他にも病気の治療薬として使われています。
それは、先ほど説明したと思います。
このようにすっぽんは、長い歴史の中でいろんな効果を発見してきました。
長く研究されてきて今の時代に流れています。

このページの先頭へ