マムシ

すっぽんの捌き方

すっぽんの捌き方は、四つおろし、四つほどきと言われる捌き方が使われています。
その捌き方は、腹を中心に割ります。
そして、前足、後ろ足を分けて捌いていきます。

すっぽんでは、つめ、甲羅、膀胱、胆嚢以外は、食べることができます。
国内のすっぽんは、食用としてほとんどが養殖になります。
日本で、販売されている天然のすっぽんは輸入されてきたすっぽんになります。

スッポンは、傷みやすい生き物になります。
なので、生きたものを使って料理をします。
スッポンは、高温で弱いので、涼しい場所に保管するようにしましょう。

すっぽんは、用心深く臆病な生き物になります。
まな板にすっぽんを置くと首を引っ込めてしまいます。
その時は、腹を上にすると首を出しますので、裏返すようにしましょう。

次は、首を捌きます。
この首をさばく時が一番難しいと思います。
それは、噛まれる事があります。

そして、可哀想とかの感情は邪魔になります。
そして、すっぽんは布などを噛みます。
そして、首を引っ込められてしまいます。

そして、作業が進まなくて途方にくれます。
噛まれるのが怖いと思うと中々首を抑えることはできません。
そして、首を捌いたら内蔵などを取り出します。
このようにすっぽんを捌くには、慣れていないと難しいと思います。

このページの先頭へ