マムシ

すっぽんと亀は何が違う?

すっぽんも亀の種類の1つになります。
では、この2つの違いについてご説明します。

亀と鼈のちがいの1つが甲羅にあります。

亀の甲羅は、背骨が変化しています。
その変化した甲羅の形は、骨で背骨となっています。
亀の甲羅は、敵から身を守ります。

また、休む時や寝るときに甲羅に入ります。
亀の甲羅は、一部の亀や子供の亀を除くと甲羅は硬いです。
では、すっぽんはどうなのでしょうか。

それは、亀と違い甲羅が柔らかいのが特徴になります。
亀のように甲羅と皮膚の部分がわかりますが、すっぽんは全身が皮膚になります。
鍋料理に使われることが多く全身がコラーゲンとなっているため、健康や美肌にいいと聞きます。

すっぽんの皮膚は、ゼラチンになります。
そのため、皮膚が柔らかいのが特徴になります。
そして、亀とすっぽんは生活のパターンが違います。

そのパターンは、亀の場合では昼間に日光をよく浴びます。
そして、体温を上げることで代謝を上げます。
その他には、餌を食べて消化、吸収をします。

日光を浴びるのは、体温を上げて日光に当たる事で皮膚の病気から守ります。
すっぽんは、水中で生活しています。
そして、夜行性なため夜によく活動を行っています。

このページの先頭へ