リスク

レーシックの術後は通院が必要?

レーシック治療は、http://www.pythonthreads.com/guarantee.htmlにも書いてあるように手術をおこなった翌日から視力の回復を実感する場合が多いため、手術が終ればそこで治療も終わりだと考えている人がいるかもしれません。
また、遠方から治療に通わなければならない人は、時間とお金が通常よりも多くかかるため、通院をすることを面倒に感じてしまうかもしれませんね。
しかし、レーシック治療は目に直接手術をおこなうため、合併症や後遺症、感染症などが起こる危険性があり、これらの症状が現れた場合に適切な処置をおこなうためにも、手術後に何度か通院をして診てもらう必要があるのです。
また、よく耳に聞くレーシック難民とは何なのでしょうか。詳しくはこちらhttp://www.qthreads.com/s18.html

手術後に何回くらい通院が必要なのかを具体的に説明をすると、まず、翌日は手術の経過を確認するために必ず通院をする必要がありまし、その後は、1週間検診、1ヶ月検診と続き、ドライアイ、グレア、ハロなどの後遺症の症状は3ヶ月間くらい続く場合もあるため、3ヶ月検診までおこなう病院が多いようです。
長期的に経過を見るためには、半年や一年後にも検診を受けることが望ましいのですが、多くのクリニックや病院では患者自身が希望をする場合にのみ検診をおこなうようにしています。
また、手術をおこなう前にも、患者の体が手術をおこなえる状態であるかを調べるために、必ず検査をおこなう必要があります。

手術を受ける病院にもよりますが、事前の検査は適性検査と術前検査の2回おこなわれるため、事前の検査と手術を1日で済ませることはできません。
つまり、手術前におこなわれる検査、手術、手術後の検査などを含めると、最低でも6回は病院に通う必要があるのです。
遠方から通っている人はお金や時間が多くかかりますから、とくに「そんな何回も通っていられない」と感じてしまうもしれません。
そのような人のために、病院によっては患者の自宅から近い眼科を紹介してくれるところもありますし、規定の金額まで交通費を負担してくれる病院もあるため、遠方から通う予定のある人は事前に確認をしておくと良いでしょう。
レーシックを永久にするためには努力が必要です。詳しくはこちら http://www.salmonfestival.net/14.html

Copyright(C) 2013 視力を回復するには欠かせない All Rights Reserved.