リスク

なぜレーシックで視力が回復するのか?

レーシック治療でなぜ視力が回復をするのかを説明するためには、まず、人間が目で物を見る仕組みについてお話をする必要があります。
目で物を見る仕組みは、カメラに例えてみるとわかりやすいかもしれません。
目に外から光が入ってくると、カメラの絞りの役割を果たす「虹彩」で瞳孔の大きさを調節して、カメラのレンズの役割を果たす「水晶体」と「角膜」で光を屈折させることでピントを合わせ、フィルムの役割を果たす「網膜」で焦点を結ぶことで、視神経を通じて脳に情報が伝達をされることで、物として見ることができるようになります。

物が見えづらくなる原因の多くは、水晶体や角膜で光の屈折異常が起こることで、ピントが合わせづらい状態になるためだと考えられており、近視の場合は、水晶体や角膜の屈折力が強すぎるために、網膜の手前で焦点が結ばれて、遠くが見えづらい状態になり、遠視の場合は、水晶体や角膜の屈折力が弱すぎるために、網膜の後ろの方で焦点を結んでしまうため、近くが見えづらい状態となります。
また、乱視の場合は、水晶体や角膜の形が歪んできれいなカーブを描かなくなるため、光の屈折がずれて、焦点が結ばれなくなるため、物が二重に見えたり、歪んで見えたりするのです。
レーシック治療は、レーザーを照射して角膜を削ることで、光の屈折率を調整して、視力を回復させる治療方法であるため、水晶体や角膜での光の屈折異常が原因で起こっている近視、遠視、乱視の場合は、レーシック治療を受けることで視力が回復をする可能性があるのです。
レーシックを受けられる人と受けられない人の違いについての記事も大変興味深いです。

近視の場合は、レーザーで角膜の中心部分を削ることで光の屈折を調整しますし、遠視の場合は、中心部分を残してドーナツ状に削ることで光の屈折を調整します。
また、乱視の場合には、きれいなカーブを描くように歪んでいる部分を削ることで光りの屈折を調整するのです。
ただし、強度近視や強度遠視、不正乱視などの場合は、レーシックによって治療をすることが難しい場合もあるため、事前に検査を受けることによって確認をする必要があります。

Copyright(C) 2013 視力を回復するには欠かせない All Rights Reserved.