リスク

レーシックを受けた後に後遺症などはない?

レーシック治療は安全な治療方法だと言う人もいますが、インターネットなどで調べてみると
多くのサイトでレーシック治療による後遺症の危険性について書かれています。

レーシック治療はhttp://www.daremoshiranai.com/sports.htmlにも書いてあるように角膜の表面を切り取ったり、角膜にレーザーを照射して削るなどの外科手術をおこなう必要があるため、少なからず合併症や後遺症が現れる可能性は考えられます。
レーシック手術の体への負担こちらの記事も興味深いです。

ここでは、治療で現れる可能性のある後遺症をいくつかご紹介します。

1. ドライアイhttp://www.hodesforcongress.com/dryeye.html
角膜が乾燥をして涙が出やすくなる症状を言います。
角膜を削る時に神経の一部を傷つけるために起こるのですが、時間の経過によって神経が修復をされると症状は治まります。

2. ハロ・グレア現象http://www.littlefishmovie.com/sun.html
ハロは暗い場所で光がボヤけて見える現象のことで、グレアは暗い場所で光が眩しく見える現象のことを言います。
矯正をおこなった部分と、おこなっていない部分に入る光に差が出ることが原因で現れると考えられており、多くの場合、時間の経過によって症状は治まります。

3. リグレッション
手術後しばらく経った後に、レーザーで削った角膜が修復をして、近視がもとに戻ってしまう症状を言います。
今では、回復能力のない角膜部分を削る方法がほとんどなので、リグレクションが起こることケースは少なくなりました。
また、後遺症の体験談の記事http://www.garagecanada.com/9.htmlも参考に是非ご覧ください。

4. ヘイズ
角膜内の細胞が酸素不足を起こして、角膜が透明度を失い、白く濁る症状を言います。
一般的なレーシック方法で起こることは、まず、ありませんが、PRK、LASEK、エピレーシックと言った角膜が薄い人でもおこなうことのできる方法の場合に稀に起こります。
手術後、1週間程度の間に角膜の濁りが生じる場合がありますが、この場合は、角膜上皮層が再生をする過程で起こる現象なので心配はいりません。

5. 夜間視力の低下
暗い場所で物を見ようと瞳孔が開いた時に、その開いた範囲が矯正をおこなった部分を越えると、矯正視力がレーシックでの矯正範囲にとどまって、本来目が持つ調整力を発揮することができないために、暗い場所で見えづらい状態となります。
またこのような場合などに運転免許はどうなってしまうのでしょうか。詳しくはこちらhttp://www.hburgpc.org/unntennmennkyo.html

6. 斜位
一点を見つめた時に、左右の目線が少しズレてしまう症状を言います。
目の筋肉のバランスが崩れることが原因で起こると言われていますが、レーシック治療をおこなったことが直接の原因となることは少ないようです。

7. 過矯正
近視を矯正しすぎて、遠視の状態になりなる症状を言います。
突然遠視になることで、眼精疲労になったりめまいを生じたりします。
レーシックをした後でアイプチはNGこちらの記事は女性必見です。

このように、レーシック治療をおこなうことで現れる後遺症はたくさんありますが、ほとんどの症状は、事前の検査をしっかりとおこなうことで回避することができるものであり、ドライアイ、ハロ、グレアなどの発生をする可能性の高い症状は、ほとんどの場合、時間の経過と共に症状が治まっていきます。
このような後遺症に悩まされないためには、術前、術後の検査をしっかりとおこなって、レーシック治療の経験と知識が豊富な眼科専門医が常駐をする病院を選ぶことが大切になるのです。
レーシックの合併症について詳しくはhttp://www.leqiys.com/16lasik.html

▼気になるレーシック費用はこちら。

Copyright(C) 2013 視力を回復するには欠かせない All Rights Reserved.