リスク

レーシックを受けたらすぐに視力は改善する?

レーシックの治療は、即効性のある視力回復治療として知られています。
レーシック手術を受けた直後は、手術前よりは良く見えるものの、少しモヤがかかっているような状態となり、人によっては、ゴロっとした異物感を感じる場合もあります。
しかし、翌日になると多くの人が1.5以上の視力にまで回復をするため、翌朝目覚めた時に、あまりに良く見えることに感動をする人が多いようです。
レーシック、コンタクト、メガネそれぞれの特徴興味深いです。

しかし、視力の回復はここで終了というわけではありません。
視力が一時的に上がっても、完全に安定をするまでにはある程度の期間を必要とするのです。
視力が安定をするまでの期間には個人差がありますが、一般的には1週間から1ヶ月程度で視力が安定をすると言われており、強い近視や強い乱視の人は、半年?1年近い期間を必要とする場合もあります。
また、クリニック選びはとても重要です。クリニック選びのポイントhttp://www.nextdayair-themovie.com/7.html

手術直後は1.5以上の視力になり、強い遠視状態となるため、遠くが良く見えて、近くが見えづらくなったり、視界がぼやけてモヤがかかっているような状態になっているのですが、時間が経過をして徐々に視力が安定をすることでこれらの症状も次第になくなり、最終的には0.7?1.5の間の視力で落ち着く人が多いようです。
ただし、パソコンを長時間使用するなどの目を酷使するような生活をしている人は、手術後に近視が戻ってしまう場合もあるため、手術後、最低1週間は目をあまり使わない生活を送るように心がけましょう。
レーシック後に太陽もまぶしく感じるようになるそうです。詳しくはこちらhttp://www.omgitsfree.com/mabusiku.html
また、手術後のドライアイ(詳しくはhttp://nudeplus.jp/7.html)やハロ、グレアと言った症状は、3ヶ月間程度続くとも言われており、その他の合併症や副作用も3ヶ月を経過するとほとんどなくなると言われています。

そのため、視力が回復をするまでの期間は、通常3ヶ月程度かかると考えておけば良いでしょう。
レーシックの手術後は、高い確率でドライアイやハロ、グレアと言った合併症が現れます。
多くの場合は、3ヶ月程度で自然に症状が改善をされますが、3ヶ月を過ぎても症状が改善をされない場合や、日常生活に支障をきたすほど症状が重い場合は、病院へ行って診察を受ける必要があります。
また、良く耳に入るレーシック難民人について詳しくはこちらhttp://www2.packages.jp/dr.html

Copyright(C) 2013 視力を回復するには欠かせない All Rights Reserved.