リスク

レーシックはよる被害者が増大しているって本当?

レーシック治療による被害報告はhttp://www.sppd.org/4.htmlにも書いてあるように、2009年からの5年間で、約80件寄せられており、その中で、重大な事故として公表をされている症例は7件あります。
これを多いと感じるのか、少ないと感じるのかは、受け取る側の人の感覚にもよりますが、被害件数は年々増えてきており、近年では1年間に10件ペースで増えているという事実もあります。

その事実を受けて、消費者庁が手術を受けた600人を対象にアンケート調査をおこなったところ、約4割の人が手術後に何らかの不具合を感じたと答えており、2013年の12月4日には、「手術を受ける際には、事前にリスクについての十分な説明を受けるように」という注意喚起が消費者省より発表されました。
では、レーシック治療による被害者数が極端に増えているのか…。
というと必ずしもそうとは言えない部分もあります。

それは、ネットやメディアなどで患者が被害を公表をしやすい環境ができてきたためと、レーシック治療を受ける患者数が増えているため、年々、被害件数が増えているためだとも考えられるからです。
目の角膜を直接切り取ったりレーザーを照射したりする治療ため、少なからず後遺症や感染症などのリスクが生じる治療方法です。

また、治療後は角膜が傷ついている状態であるため、傷が回復をして視力が安定をするまでには一定の期間を必要としますし、治療後に多く現れるドライアイやハロ、グレアと言った症状が完全になくなるまでには3ヶ月以上の期間が必要だとも言われています。
しかし、レーシック治療をおこなっているクリニックや病院の中には、利益を上げることに重点を置いて、治療費の安さやメリットばかりを表に出し、レーシック治療を受けることでおこる後遺症や感染症などのリスクについて、ほとんど説明をおこなっていないところも少なくありません。
そのため、メリットばかりを信用してしまった患者は、安易にレーシック治療をおこなうことを選択してしまい、その結果、後遺症に苦しめられるというケースが増えているのです。
またこちらの記事http://www.stqy.net/013.htmlにはレーシック手術を受けた方の体験談について詳しくかいてあります。是非ご覧ください。

Copyright(C) 2013 視力を回復するには欠かせない All Rights Reserved.