リスク

遠視もレーシックで回復するもの?

レーシック治療と言えば近視のための治療方法だと考えている人も少なくありません。
それは、この治療がもともと近視の治療のために開発をされた方法であることや、視力の低下に悩んでいる日本人の半数以上が近視であるため、治療を受ける人も必然的に近視の人が多くなるためだと考えられます。
しかし、レーシック治療は、近視の人にのみおこなうことのできる治療方法ではなく、遠視の人にもおこなうことができるのです。

遠視は、目に入ってくる光が、網膜の後ろの辺りでピントが合うようになるため、近くがぼやけて見えづらくなる症状のことを言います。
レーシック治療は、レーザーによって角膜を削ることで、ピントを正常な位置に合わせる治療方法なので、遠視の場合も近視と同様に治療をおこなうことが可能です。
ただし、近視が角膜の中心部分にレーザーを照射することに対して、遠視の場合は中心部分を避けてドーナツ状にレーザーを照射するという違いがあります。

また、遠視の場合は近視よりも矯正可能な範囲が狭いため、強度遠視の人はレーシック治療を受けることのできない場合があります。
現在コンタクトレンズや眼鏡を使用していて、使用時に1.0程度の視力がある人は、レーシック治療を受けることができる可能性が高いと言われていますが、遠視で治療を受けたいと考えている人は、一度、病院で検査を受けてみると良いでしょう。
また、強度遠視でレーシック治療を受けることが難しい場合でも、目に人口レンズを入れることで視力矯正をおこなう「フェイキックIOL」という方法をおこなうことで、視力が回復をする可能性があります。

レーシック治療をおこなっている病院の中には、フェイキックIOLがおこなえる病院もあるので、適性検査で強度遠視であると診断された場合には、確認をしてみると良いでしょう。
また、生まれて間もない頃は全ての人が遠視だと言われており、成長と共に自然に改善をされるようになっているのですが、中にはそのまま改善をされずに強度の遠視になってしまう子供もいます。
そのため、子供にレーシック治療を受けさせたいと考える親御さんも少なくありませんが、レーシック治療は視力が安定をしていない成長期の子供にはおこなうことができません。
また、レーシックの老眼治療について詳しくはこちらhttp://icompile.info/rou.html
▼こちらのサイトも是非ご覧ください。

Copyright(C) 2013 視力を回復するには欠かせない All Rights Reserved.