リスク

レーシックにはリスクもある?

レーシック治療は、http://www.sonatarestaurant.com/14.htmlにも書いてあるように角膜にレーザーを照射させて視力を回復させることのできる画期的な治療方法です。
この治療は目に直接手術を施すことで視力を回復させるので、眼鏡やコンタクトレンズなどの視力回復器具を装着する必要がなくなるため、運動をする時や就寝時などにいちいち外す必要がなくなりますし、
今までかかっていたメンテナンス費用や購入費用なども必要なくなります。
そのため、これまで眼鏡やコンタクトレンズを着けることにわずらわしさを感じていた人にとって、是非にでも受けてみたい治療方法なのです。

しかし、その一方でレーシック治療にはリスクが伴うということを忘れてはいけません。
http://tcbyct.com/7.htmlにも書いてあるように治療をおこなっているクリニックや病院の中には、安全性やメリットばかりを前面に出して説明をして、レーシック治療によるリスクについてはほとんど説明をおこなわないところもあるようですが、
治療の際、角膜の表面を切り取ったりレーザーで削るなどの外科手術をおこなう必要があるため、
合併症や後遺症、感染症といった症状が現れる可能性が考えられるのです。

2009年からの5年間で、レーシック治療による後遺症や感染症などの被害件数は約80件報告をされており、2013年に消費者省がおこなったアンケートによると、レーシック治療をおこなった経験のある約4割の人が、手術後に何らかの不具合を感じているということがわかりました。

5年間に80件という件数は、レーシック治療をおこなっている人の人数を考えると決して多くない数字かもしれませんが、この治療をすることによって何らかの不具合が生じる可能性があることは否定できません。

ただし、合併症や後遺症、感染症などは、もともとの目の状態がおこなわれた手術方法に適していない場合に起こる場合が多いので、事前の検査をしっかりとおこなって、場合によっては手術方法を変更したり、手術を中止したりすることで回避をすることができるのです。
とは言っても、人の手でおこなわれる治療方法に100%の安全はありません。
治療をおこなう病院側は、あらゆる事態を想定して、レーシック治療によって起こる可能性のあるリスクについて説明をおこない、患者側は、リスクについて十分に理解をしたうえで治療を受ける必要があるのです。
またこちらhttp://www.tasawuf.ws/rekisi.htmlにはレーシックの歴史について詳しく書いてあります。大変参考になるかと思います。

Copyright(C) 2013 視力を回復するには欠かせない All Rights Reserved.