リスク

レーシック手術の安全な病院を選ぶポイント

レーシック治療は、目に直接手術をおこなう必要があるため、繊細な作業と高度な知識を必要とする治療です。
そのため、レーシック治療を成功させるためには、安全で信頼のできる病院を選ぶことがとても重要になるのです。
安全に治療をおこなってくれる病院を選ぶためには、次のようなポイントに気をつける必要があります。

1. 手術実績の多い眼科専門医が治療をおこなっている
目はとてもデリケートな部分であるため、患者の目の状態をしっかりと把握することができなければ、合併症や感染症にかかるリスクも高くなります。
そのため、レーシック治療だけではなく、目に関する全般的な知識を持っている眼科専門医が治療をおこなっているかどうかは重要なポイントです。
また、治療をおこなう担当医師にどれくらいの手術実績があるのか、医師としての経験年数が何年であるかも重要なポイントとなります。

2. 最新鋭の医療機器が導入をされている
レーシック治療に使用をされる医療機器は年々進歩をしており、それによってトラブルも減ってきていると言います。
そのため、最新鋭の医療機器が導入をされている病院を選ぶことで、トラブルが起こる可能性を低くすることができますし、今までレーシック治療を受けることができなかった症例の人でも受けることができる可能性があります。

3. 症例数が多い病院である
レーシック治療を成功させるためには、その病院がどれくらい多くの実績を積んでいるのかも大きなポイントとなります。
ホームページなどで症例数が公表をされていますので事前に確認をしておきましょう。

4. 料金形態が明確である
レーシック治療には手術以外にもさまざまな費用がかかってきます。
病院によっては表示をされている料金の中に、カウンセリング費用、検査費用、検診費用、薬代などが含まれていない場合もあるため、事前に確認をする必要があります。
また、レーシック治療は自由診療扱いとなるため、各病院で治療費を設定することができます。
そのため、必要以上に高い料金設定をしていたり、逆に、安く設定をしてしっかりとした治療がおこなわれていないケースもあります。
治療方法にもよりますが、両目で10〜30万円程度の治療費が相場となるため、目安のひとつとして知っておきましょう。

5. 事前に綿密な検査をおこなっている
レーシック手術を受けるためには、通常、適性検査と術前検査の2回の検査を受ける必要があります。
患者の体の状態によっては、もともと持っている病気を悪化させたり、合併症を起こしたりする可能性があるため、患者が手術を受けることのできる状態であるかを事前に検査する必要があります。
また、適切な治療方法を選択して、満足のできる結果を出すためにも事前の検査をしっかりとおこなうことが重要になります。
通常、1回の検査に2〜3時間程度かかると言われているので、極端に短い時間で検査が終わった場合は注意が必要です。

6. アフターケアがしっかりとしている
万が一、合併症や感染症、後遺症などの症状が現れた場合や、視力の回復が悪い場合などに適切な処置をおこなってくれる病院であることはとても重要なポイントです。
また、合併症の治療や再手術などを無償で受けることのできる保証制度が設けられているかどうかも重要です。

7. 通いやすい場所に病院がある
レーシック治療は、術前、術後も含めて最低でも5〜6回の通院が必要になります。
そのため、交通の便の良く通いやすい場所に病院があることも重要になります。
また気になるイントラレーシックについても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 視力を回復するには欠かせない All Rights Reserved.