リスク

どこの眼科でもレーシックは受けられるもの?

http://xn--pckp0b6k2cz34u978ecuza.com/にも書いてあるように、レーシックの治療をおこなっている眼科は数多くあります。
しかし、すべての眼科でこの視力回復治療がおこなえるというわけではありません。

レーシック治療は、目の角膜表面を切り取ったり角膜をレーザーで削り取るなどの外科手術をおこなう必要があるため、専門の知識と高い技術が必要となりますし、手術をおこなうためには専門の医療機器が揃っていないと難しいのです。
そのため、この治療をおこなっている眼科は比較的規模の大きな病院で、都心に近い位置にある場合が多いようです。

しかし、日本では医師免許さえ持っていれば専門分野ではなくても、診療をおこなうことができるという現状があります。
そのため、レーシック治療に関する専門知識がなく、医療設備も不十分な状態で治療をおこなっている病院も残念ながら存在をしているのです。

安心して治療を受けることのできる眼科であるかを判断するためには、日本眼科学会の講習やレーザー機器メーカーの講習を受講していて、日本眼科学会が認定をしている眼科専門医が常駐をしている眼科であることが重要です。
それは、レーザーを使用した手術は、眼科の専門領域内でおこなわれるべき手術であるためと、目に異常があった場合に、適切な処置をおこなうことが可能になるためです。

ただし、いくら眼科の専門知識がある医師が常駐をしていても、その医師がレーシック治療の経験の少ない医師であったり、治療の症例数が少ない病院であっては意味がありません。

安心をしてレーシック治療を受けるためには、眼科医としての経験とレーシック治療の経験実績のある医師が常駐をしていて、症例数が多い眼科を選ぶことが重要となります。
最近では「レーシック難民」という治療後に後遺症や感染症の症状に悩まされている人達が増えているという話を聞きますが、このような状態が起こる大きな原因は専門の知識や治療経験の少ない医師がレーシック治療をおこなうために起こっていると考えられているのです。
また気になるレーシックの費用について詳しくはこちらhttp://xn--pckp0b6k2c.tk/20_lasik_shurui.html

Copyright(C) 2013 視力を回復するには欠かせない All Rights Reserved.