ノコギリヤシ完全ガイド

ノコギリヤシのサイトです。

育毛サポートと頻尿解決に!

ノコギリヤシの効能は医学的にも認められている?

ノコギリヤシには、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあると考えられており、この働きによって前立腺肥大症や頻尿薄毛などの症状を改善させる効果があると言われています。
しかし、ノコギリヤシについて調べてみると男性ホルモンとの関係性についてはまだはっきりと解明がされていないようですし、効果についても医学的根拠がないと考えている人が少なくないようです。
しかし、世界各国で古くから食されてきた植物であり、健康に対する効能があることがわかったのも最近の話ではありません。

例えば、古くからアメリカ大陸で生活をしているネイティブアメリカンの人達は、滋養強壮や利尿の効果があるとして、日常的に摂取していたと言いますし、中国でも泌尿器系の疾患を治療する漢方薬中に、古くからノコギリヤシを使用してきたという事実があります。

また、フランスやドイツでは60年以上前から医薬品としてノコギリヤシが使用をされており、
現在ではイタリアやイギリス、スウェーデン、モナコ、ベルギー、ハンガリーなどの数多くの国で、前立腺肥大症の治療薬として使用をされています。

ドイツでは6ヶ月間に渡ってノコギリヤシの抽出物を与える臨床試験をおこなったところ、
約80%の人に利尿に関する効果が現れたという実験結果が出ていますし、
フランスやベルギーで前立腺肥大症の患者にノコギリヤシの抽出物を与えて行われた臨床試験でも、症状の改善が確認をされています。

ヨーロッパと比べると、日本でのノコギリヤシ研究はまだスタートしたばかりですが、
小林製薬が医療機関と協力をしておこなわれた臨床試験で、
ノコギリヤシの抽出物が含まれた食品を摂取したグループと、
それに似たダミーの食品を摂取したグループに分けて8週間実験をおこなったところ、
残尿感、頻尿、尿の勢いなどの様々な症状に改善が見られたという実験結果も出ています。

これらの実験結果から推測をすると、ノコギリヤシによる働きが少なからず前立腺肥大症や頻尿やなどの症状の改善に効果があることがわかりますし、医学的根拠もあるように感じます。
ただし、薄毛や抜け毛への効果については、現時点では実証がされていないという実情があります。