ノコギリヤシ完全ガイド

ノコギリヤシのサイトです。

育毛サポートと頻尿解決に!

ノコギリヤシを摂取するとホルモンバランスが崩れる?

ノコギリヤシには、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの生成を抑える働きがあります。
そのため、ジヒドロテストステロンの増加によって起こる、男性型脱毛症(AGA)、前立腺肥大症、頻尿などの症状改善に効果が期待できると言われています。
ジヒドロテストステロンは、中高年の男性が多く悩まされている症状を引き起こす原因でもあるため、悪者扱いをされがちですが、ジヒドロテストステロンによる作用は、体に有害なものばかりではなく、特に成長過程にある子供には欠かすことのできないホルモンなのです。

そのため、成長過程にある子供がノコギリヤシを摂取すると、ホルモンの分泌に変化が起こり、正常な成長を妨げる可能性があります。
また、ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種であるため、女性には無関係のように感じますが、分泌量に違いはあるものの、女性にも男性ホルモンが分泌をされているため、ノコギリヤシを摂取することで女性のホルモンバランスにも影響を与えます。
特に、妊娠中や授乳中の女性は、出産や育児に向けてホルモンの分泌量が大きく変化をしており、ホルモンバランスが崩れることによって、胎児や乳児の成長に大きな影響を与える可能性があります。

ジヒドロテストステロンは男性器が発育をするために必要なホルモンでもあるため、ノコギリヤシによって、ジヒドロテストステロンの生成が抑えられると、特に男児の生殖器の成長を妨げてしまう可能性があるのです。
ただし、ノコギリヤシを摂取することで、全ての人のホルモンバランスが崩れて、体に悪い影響が現れるというわけではありません。
アメリカでは、古くから一般的にノコギリヤシが摂取をされてきましたし、摂取したことによって副作用が起こったという話はありません。

また、日本でも、一日の必要摂取量を守って摂取をしていれば、副作用が起こる心配はないと言われていますし、むしろ、販売をされている商品の目的は、過剰に分泌をされているジヒドロテストステロンの分泌を抑えることで、ノコギリヤシはホルモンバランスを正常に戻すことにあるのです。
成長過程にある子供や妊娠中、授乳中の女性、ホルモン治療をおこなっている人などは、ノコギリヤシの働きが体に大きな影響を与える可能性が考えられますが、健康な成人が摂取量を守って摂取をする分には、ホルモンバランスが崩れることを心配する必要はないでしょう。
ノコギリヤシだけではNGなので、バランスよくしましょう。