ノコギリヤシ完全ガイド

ノコギリヤシのサイトです。

育毛サポートと頻尿解決に!

髪の毛のメカニズム

ノコギリヤシは育毛に最適なサプリメントです。
悪質な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの増加を抑えてくれるという効果があります。
それは含有されている脂肪酸などの働きによるものだと考えられています。

そういった理由から、最近ではノコギリヤシを利用して抜け毛対策に活用する方が急増しています。
しかし、実際に育毛に取り組んでいても、髪の毛そのものがどんな構造になっているか分からないという人もちらほら。
ここでは、そんな方の為に、毛髪のメカニズムを丁寧に紹介していきます。
髪の毛について、もっと詳しく知って、育毛に役立てましょう。

まず、毛髪はキューティクルとCMC(細胞膜複合体)を含むキューティクル領域とコルテックスとCMCを含むコルテックス領域、そして、メデュラ(毛髄質)と呼ばれる三層に分けることができます。
この三つの層が連携して、初めて健康な髪の毛が成立するのです。

それぞれに解説していきましょう。
まず、キューティクルとは、無色透明なうろこ状の部分を指します。
一枚で毛髪の外側を半分ほど覆い、それらが竹の子の様な形状で幾重にも重なっています。
つまり外から見えている部分は、キューティクルの一部ということになります。
キューティクル領域にある細胞膜副胴体はキューティクルの間に位置します。
そして、それぞれを接着剤の様にくっつけているのです。
毛髪の成分が流出しないようにするという働きもあります。
キューティクルが占めるのは、髪の毛全体の一割程度です。
ツヤや手触りなどを決定づけていて、外からの刺激から髪の毛を守る働きを担います。

第二の存在として挙げられるのは、コルテックスです。
コルテックスは規則正しく縦方向に並んでいて、それゆえに髪の毛は引っ張っても、なかなか切れることがないのです。
コルテックスの細胞膜は水分を保持するという働きも担っています。
髪の毛の色や強度などを決定する部分でもあります。
毛髪全体の8割を占める部分です。

最後に挙げられるのが、メデュラです。
毛髪の中心にあり、細い毛には存在しないケースもあります。
メデュラ単体での機能などは、現在、まだ詳しく知られていません。
全体的な働きとしては、髪の毛の弾力や透明感、ツヤなどを決定づけると言われています。

これらの髪の毛に関する基本的な部分を知っておくことで、ノコギリヤシを活用した育毛も、より効率よくなるでしょう。
しっかりと頭に入れておきたい知識ですね。