子供

商品によって青汁に含まれる栄養素は異なるの?

昔の青汁といえば、ケールから作られた非常に苦くて飲みにくい
でも栄養分豊富なまさに「良薬は口に苦し」を地でいくような存在の健康食品でした。
最近の青汁はケールや大麦若葉や明日葉といったさまざまな原料から作られています。

まず青汁の元祖といわれるケール。
こちらはかつては大変苦い青汁でしたが、最近の著しい品質改良により栄養分はそのままにして大変飲みやすくなっています。

次によく見かけるのが大麦若葉の青汁でしょうか。
こちらは原料が麦であることから、抹茶のように大変飲みやすい青汁です。
栄養分やビタミンもケールとひけを取らないことから、飲みやすさを重視する人はこちらを選択する人が多いようです。

明日葉の青汁は特に女性に人気のある原料ですね。
その理由ですが、食物繊維がケールの約1.5倍含まれており、便秘解消に強いパワーを発揮するからです。
また明日葉にはセルライトや冷え症の解消パワーが含まれるといわれており、特に美容面で効果が強いようです。
また明日葉はその名前の由来通り、刈り取っても明日になれば生えてくる、といわれる程生命力が強い野菜としても有名です。
この他では抹茶や桑の葉で作られた青汁もあり、成分、飲みやすさを考えて選ぶようにしたいところですね。

↓青汁はアレルギーにも効果的          ↓冷え性には青汁
               

このページの先頭へ