子供

青汁の栄養素は加熱しても効果はある?

野菜などに多く含まれるビタミンのような栄養素は、加熱してしまうとそのせっかくの栄養分が壊されてしまう可能性があります。
それでは青汁のビタミンや栄養素は、加熱によって損なわれないのでしょうか?
これについては、加工していない液体状のものと、加工済みの粉末状のものとに分けて考えてみて下さい。

前者の液体状のものは、いわば生野菜をジュース状にしたタイプの製品です。
当然に、他の野菜同様。
ビタミン類が損なわれる可能性があります。

しかし、例えば冬の寒い時期など、温めてはちみつ等と一緒に、おいしく飲みたい場合も多々あると思います。
そのような場合は、ビタミン類が損なわれない程度の温度(80度以下が目安です)に調整の上、摂取されてみてはいかがでしょうか。
また後者の粉末状の青汁に関しましては、全く問題ありません。

そもそも、最初から特殊な加工で粉末状態になっているのですから、そういう概念は最初から問題ないでしょう。
ヨーグルトに混ぜておいしく食べるもよし、ホットケーキに混ぜて食べるのもよし。
非常に汎用性の高い青汁食品となること請け合いです。
特に食事と一緒に、野菜の代わりとして青汁を利用したい人には粉末青汁はかなり好評を博しています。
お茶と混ぜて飲むユーザーさんが結構多いですね。

↓青汁の1日の摂取目安量

このページの先頭へ